phpnew (phpnew) wrote,

半沢人気で銀行員合コンの提案も

思っているに違いない。
 ジンの最大の長所にして短所。
 残りの学園生活で少しは変わるんだろうか、いえ多分変われないでしょうね。
 思わず苦笑いが漏れる。
 私の中にはもう、作戦がある。
 何度も考えて、その度に同じ結論を出したから。
 殺すなら、まだ間に合う。
 やれる筈。nike ウエア
 ……悩んでいて手遅れになった時との選択は、迷うまでもない。
 治してもらえるから負けても良い、なんて私は嫌だ。
 それも、こんな自我も捨てたようなイルムガンドには、絶対に。
 こっちは関わり合いたくもないのに、一々私や皆に絡んできて。
 それでこの様で――
 甲高い音が響いた。
 ジンの剣が、変異体となったイルムガンドの右手に半ば取り込まれた彼自慢の剣と正面からぶつかった音だ。
 まともな力比べでは押し込まれる。
 結果がわかっているんだろう、そうなる前にジンは自分から衝撃に身を任せて自分から跳んで、少しでもダメージを軽減しようとした。
 イルムガンドはジンを追わない。
 代わりに口を大きく開いて奇妙な魔力の練り方をした。
 初めて見るパターン。
 瞬間、嫌な既視感が私の脳裏に浮かぶ。
 あ。
 まさか!

「みんな、障壁を! |咆哮(ロア)がくる!!」

 咄嗟に怒鳴って私は後衛をフォローする防壁を展開する。
 前衛までは流石に射程が足りない!
 かつて亜竜に追い詰められた時の記憶が不意に蘇ってきて、私は反射的に咆哮への抵抗手段に考えていた防壁を使えた。
 あれは私にとって最悪のトラウマだったから。
 例え自分の選択肢をいくらか減らすとわかっていても、いつでも展開出来るように準備していたのが偶然にも功を奏した。
 案の定、身体の底に響くような何らかの付与効果をもった叫び声が私たちを襲う。
 どうやら効果も竜が用いたのと同じ威圧、だったのか金縛りにかかったようにジンとミスラ、ダエナとユーノの動きが止まった。
 その光景を見た時、私の中でもほんの少しだけ残っていた躊躇いが……消えた。
 硬直を伴う技だったのか、イルムガンドもまだ動きを止めたまま。
 私はジンとは違う。
 仲間を失う位なら、あいつを殺せる。 

「……シフ、その術私の矢に付与出来る? 苦手な付与を頼んで悪いんだけど」

「え? 無理です、苦手以前にもう術が完成しているんですよ? ……もしかして識さんが以前やって見せてくれたアレですか? まさか、あんな乱暴な付与、成功しても十秒と持たずに暴発します。アレは識さんだから……」

「十秒ね。問題無いわ、イズモ! 動けるわね!?」

「っつう、何とかね。防壁ありがと。切り札って奴? お婆ちゃんのポケット思い出した」

「無駄口はいいから。私に速力増加、いける?」ナイキ サンダル

「え、ああ。いけるよ。でも今は皆のフォローが先じゃ」

 私は首を横に振る。

「もうそんな余裕が無いのはわかってるでしょう? ……私があいつを仕留める」

『っ!?』

「ほら、もう動きだす! 棒立ちであいつに殴られたら下手すればミスラだって即死よ!」

「で、でも」

 イズモは私が見る限り、どちらかと言えば助けたい派だ。

「……貴女が背負う、そういうつもりなんですか? なら私が今度こそあいつに直撃させるから隙を作って」

 シフは、倒しても構わないと思ってる。
 だから私が何かを背負う事を心配して自分の手を汚そうとも言ってくれる。
 でも、それじゃダメなんだ。

「無理よ。今のあいつの魔法防御は硬すぎる。物理だけでも魔術だけでも相当の威力が無いと破れない。さっきみたいな一撃、貴女に仲間を巻き込む状況
http://www.shoessrestraint.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments